2008年12月27日

常識を覆す断ち切り禁煙術

常識を覆す断ち切り禁煙術

タバコをやめさせたい人のための絶煙マニュアル
この教材を熟読し、音声解説を数回聴くことで
喫煙者の精神構造、やめられない・やめようと思わない理由
これらを深く理解することが出来ます。

それにより、手順に従って説得を行っていけば
タバコをやめようと思う以前に、タバコをやめてしまう。
今までの禁煙ノウハウの常識を覆す断ち切り禁煙術。

タバコを吸うのをやめるのではなく、
タバコを吸わない生活を始めさせる方法。

この方法によって何人にもタバコをやめさせてきた実践者が
その極意を直伝します。





1つは、タバコをやめることに必然性を持たせることです。

禁煙ツール、禁煙ノウハウを使って、
禁煙に成功すると、まずは大喜びします。

しかし、多くの人は、ここでもう1つの関門にぶち当たります。


「また、吸いたくなって仕方がない。」


要するに、タバコを一時的に中断できているだけで
それを維持していくための努力が改めて必要になるのです。


なぜ、努力が必要になるのか?

タバコをやめるプロセスを勘違いしているからです。

私の感じていることを率直に言えば、
禁煙ツールの全て、そして禁煙ノウハウの書籍は、
役に立つものはありません。

間違ったやり方でタバコをやめようとするから無理がたたり、
タバコをまた吸い始めてしまうのです。



「実は、タバコはやめようと思ってもやめられません」


タバコを吸っている人が、禁煙宣言をするたびに
果たして何日持つだろうかと、周囲の人は賭けの対象にしています。

そんなの無理だ、って誰もがわかっているのです。


タバコをやめさせるには、タバコを吸っている人の
個人的な意思や行動ではどうにもなりません。

周りにいる人、つまりあなたの説得がなければ
絶対にやめられないのです。
タバコをやめさせたい人のための絶煙マニュアル




禁煙宣言をする人は、周囲の意識を自分に集めたいだけの
ただの”かまってちゃん”なだけなのです。



それと同じように、禁煙グッズを買う人は、
実はタバコをやめようなんて思っていません。

禁煙している姿をあからさまに、周囲に見せることで注目されたいだけの
ただの”寂しがり屋さん”なだけなのです。


それに、もし仮にタバコをやめようと思っていても
宣言をして自分を追い込むやり方をしても
道具を使って気を紛らわしたとしても
タバコを吸いたくなる生活習慣を改善できていないため
絶対に成功することはありえないのです。



では、常識として通用しているタバコをやめる方法には
一体、どんな誤解があるのでしょうか?


タバコを吸う本数や、軽いタバコに切り替えて
ニコチンの摂取量を減らしていけば
そのうち依存度が低くなりやめられる という考え方です。



実は、タバコをやめられる人は、こんな手順を踏まないのです。

なぜなら、ニコチンには依存症というものがあるからです。

依存症のあるニコチンの量を減らせば減らすほど、タバコを吸いたくなります。
タバコをやめようとすればするほど、体がタバコを欲してしまうのです。

ですから、ニコチンの量を減らしていくといった
段階を踏むやり方を取ってはならないのです。


ニコチンの量を減らさない方が良いことに気づいた人は
今度はタバコをやめてニコチンガムをかむようになります。

タバコ以外の方法で、体が欲するニコチンを摂取しようとし始めます。

しかし、ここで勘違いするのは、
ニコチンを摂取していればタバコを我慢できるということです。

本当にガムをかんでいるだけで、タバコがやめられたら、
そりゃ、奇跡です。

めちゃくちゃ不味いとわかっていても、我慢してかむでしょう。



タバコをやめるには、タバコを吸いたくなる生活習慣を遮断する必要があります。

ところが、その生活習慣を断ち切る術を知らないがために、
ほとんどの人が、一時的に禁煙するだけで挫折してしまうのです。

そこで、このタバコをやめさせ生産効率を高めるための講座でお話した事を
改めてPDFと音声解説にまとめました。



この講座でお話した内容は、まさに画期的です。

今までのタバコをやめる方法は、タバコを吸っている人が
自らの意思でそれを実践しようとし、
自らの意思でそれを継続しなければなりませんでした。

ところが、このタバコをやめる方法は
タバコを吸っている人がやめようと思っていようが、思っていなかろうが関係なく
あなたが取る態度、説得の内容を聞いただけで
一気にその価値観を変える事ができるのです。

そうすると、タバコを我慢するといった忍耐力も必要とせずに
自らの意思でいつの間にかタバコを吸わないのが当たり前になるどころか
嫌煙家にさえなってしまうのです。


そして、誰にでも出来ます。

タバコを吸っている人に対して発言権がないような
会社の部下であったり、子供であっても
この教材を読むことが出来て、音声解説をしっかりと聴くことで
何の問題もなくそれができるようになるでしょう。


いや、実際には、発言権がないほうが有利なのです。

なぜなら、今まで口うるさくタバコをやめろと言っていないため
この方法を使ったときの衝撃度が計り知れないほど大きいからです。



私は、このタバコをやめる方法を絶煙ブートキャンプと名づけ
講演を行ってきましたが、
実際には、一切の忍耐力をも必要としない。
すなわち、軍隊式の厳しさや、規制による処罰や、忍耐に対する報酬など
束縛や買収とは無関係の、
無理なく自由にタバコをやめられる方法です。

その結果、通常の禁煙方法では得られなかった
”タバコを吸わない人生”のスタートを切ることが出来るはずです。


とにかく、あなたがこのタバコをやめさせる方法を学んだとたん、
あなたの大切な人・・・いえ、人達は、面白いようにタバコをやめていきます。



* 歯の隙間まで真っ黒になるほど、20年以上にもわたってタバコを吸いまくっていた夫が、私の発したたった一言でタバコをもみ消して、以降タバコを口にしているのを見たことがありません。 (埼玉県川越市 遊佐さん)


* タバコはファッションの一部だと言って頑なにタバコをやめることを拒んだ彼に、マニュアルにも書いてある裏目に出ている事実を伝えたら、呆然としながらくわえたタバコを箱に戻しました。そして、その箱はそのまま彼の部屋のテーブルの上に置きっぱなしのままです。 (千葉県茂原市 佐藤さん)


* 「この1箱が人生最後の1箱だ!」そういって禁煙を始めたはいいものの、気が付けば自動販売機の前で小銭を探している意志の弱い上司に、さりげなくマニュアルに書かれている言葉で挑発してみました。すると、打って変わって嫌煙家にはやがわりです。今では社屋を出て2分歩いたタバコ屋さんの前まで行かないとタバコを吸うことが出来ません。 (愛知県岡崎市 新藤さん)


* タバコくさい息を振りまくはた迷惑な夫に、マニュアルに書いてあったとおりの昼食を強制したところ、いつも3日坊主だった禁煙生活が早半年続いています。「もう勘弁してくれよ・・・」と泣き言を言うくらいなので、相当効いているのでしょう。 (山梨県甲府市 山本さん)


* 妊娠をしても吸いたくなる衝動を抑えきれずにいた妻が、マニュアルに書いてあった通りの簡単な生活習慣を一緒にすることで、その衝動を完全に押さえ込むことに成功しました。 (千葉県市原市 Mさん)


* 「毎朝、駅に向かう途中に吸う1本が格別にうまい」と言っていた夫の朝食を、マニュアルに書いてある形式に改めたとたん、いつの間にかタバコを吸わなくなっていました。 (東京都三鷹市 S.Sさん)


* あらゆる禁煙ツールを試してもダメで、身体を壊すまで見ているしかないのかと諦めていた父に、根気よくマニュアルに書いてある指摘を繰り返していくことで、手持ち無沙汰になると火をつける癖をやめさせることに成功しました。もう一息でやめられると思います。 (群馬県富岡市 奥村さん)


* タバコを吸ってサボってばかりの部下に、やめたら報奨金を払うと言っても全く効果が無かったが、マニュアルに書いてある事を社内で毎朝やることで、タバコを吸いたくなる感情をコントロールする術を身に付けてくれた。 (神奈川県横浜市 榊さん)



これらの被験者となった人たちが、
いずれも、ある瞬間を境にタバコをピタリとやめられた秘訣は
やめるための仕組み、そしてやめた状態を維持するマインドセットの両輪があったからなのです。

どちらか一方だけでも、タバコをやめることは出来ますが、
両輪を回すことで、より一層、それを確実にし、維持していくことが可能になります。


あなたにも、
「タバコをやめさせることはこれほどまでに簡単だったのか」
と知っていただきます。

そして実際にあなたの大切な人にタバコをやめさせるため
この教材では、文章での解説、音声での解説に加え、
サポートメールでの相談も随時承っています。
タバコをやめさせたい人のための絶煙マニュアル
posted by tabako at 08:10| タバコやめる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。